ABOUT

神戸煉瓦倉庫再生プロジェクトとは

神戸煉瓦倉庫再生プロジェクトとは

神戸の海沿いに漂う異国情緒を演出する「神戸煉瓦倉庫」は、1890年代に建造され、神戸港に次々と到着した貨物の倉庫として使用されてきました。
その130年もの趣を感じる歴史的建造物の魅力をもっと多くの方に知ってもらいたい、更に、神戸を代表する海辺のスポット「神戸ハーバーランド」全体を活性化させたいという想いで、「神戸煉瓦倉庫まちづくり実行委員会」を発足しました。
この港町の雰囲気を活かし “大人の遊び場”という切り口で、様々なイベントの開催をすることにより、近くにお住まいの方や、神戸を訪れてくださった方に楽しんでいただこう、神戸の水際を再生していこうと、このプロジェクトに賛同してくださる方々のご協力のもと始まりました。
主なイベントとして「煉瓦倉庫Marche」「HARBORBAKERY」「FELICE CLUB HOUSE」「PORTCURRENT」「ツナガルシネマ」などを開催しています。
そして現在、より魅力的な場所にするため、「神戸煉瓦倉庫HARBORSTORES」を計画しています。

各イベントの概要

煉瓦倉庫Marche

「作り手が見える、会える、話せるマルシェ」をモットーに、兵庫県の地場産業や伝統工芸、特産品や特産物など、県内のこだわりのモノを集めた「ひょうごいいもの発見市」。パンの街神戸を中心に、兵庫県内のこだわりのパン屋さんが集まる「HARBOR BAKERY」。無農薬・有機野菜をはじめ、オーガニック食材や日用品が集まる「ORGANIC TERRACE」。の3つのイベントを煉瓦倉庫広場や海沿いのオープンテラスで、過ごしやすい季節の第一日曜日に同時開催しています。
どのイベントのお店にも共通することは、こだわりを持っているということ!
また、兵庫県内に特化していて、地元を盛り上げていきたいという思いがあるということです。
直接、生産者と話が出来るので、安心して購入していただけます。お気に入りのお店やモノを見つけるきっかけを作るマルシェです。

PORT CURRENT

港街の歴史ある煉瓦造りの建物が醸し出す雰囲気を活かし、様々なアーティストによる音楽 LIVEを開催!扉を開ければ波音が聞こえ、海辺の夜景が覗ける会場は、100名以上のゲストの収容が可能で、JAZZをはじめとする様々なジャンルのアーティストがLIVEを行ってきました。PORTは「港」を、 CURRENTは「今現在起こっていることや、始まること」を意味し、この港から音楽も発信していきたいという思いを込めています。
慌ただしい日常から少し離れ、週末に煉瓦倉庫で飲みながら音楽を楽しむという、ちょっぴり贅沢な時間を味わっていただけるLIVEイベントです。

※アーティスト自らや、マネージャー、事務所の方からの直接のオファーも承っております。
神戸煉瓦倉庫HARBOR STORES南棟のC区画がイベント会場となっております。
音楽LIVEイベントを計画の方はお気軽にお問合せください。

FELICE CLUB HOUCE

珈琲やワイン、カレーやビールなど、毎回テーマを変えて「大人のクラブ活動」として、様々な趣味や遊びを楽しむ大人の空間を、お楽しみいただけるイベントです。
自分達が知りたい、勉強したい!と感じた事を、その道のスペシャリスト達をお招きし、ワークショップを行ったり、お店でしか味わえないものを煉瓦倉庫のオープンテラスで特別にご堪能頂けたり、1つのものに特化して拘りのある方にはたまらない時間を過ごして頂けます。
毎回お招きしているその道のスペシャリストは主に神戸市内にお店があったり、神戸で活躍している方たちが多く、神戸のいいお店をもっと多くの方にも知って頂ける機会になればという思いで開催しています。

ツナガルシネマ

扉を開ければ外は海…という贅沢な空間で映画を上映。
普段、触れ合うことのないジャンルや世代の映画を、テーマを決めてセレクトし上映します。
s FELICE CLUB HOUSEとのコラボレーションもあり、ワークショップや飲食も同時にお楽しみ頂けたりと、少し変わった映画の楽しみ方を提案します。

歴史を物語る煉瓦倉庫。

煉瓦倉庫は、1890年代後半(明治30年頃)建造され、1987年(昭和62年)まで神戸港に次々と到着する貨物(靴や電気製品など)の上屋倉庫として使用されていました。
当時、残っていた5棟のうち海側に位置した2棟が現在残っている煉瓦倉庫です。
既存する稀少な煉瓦倉庫であり、イギリス製の煉瓦を使用し、イギリス積みで造られた外壁は、神戸港の発展を支えた建物として当時の姿を今に伝えています。
神戸ハーバーランドの開発に伴い、1990年(平成2年)に煉瓦倉庫の外壁などを現地保存し、屋根及び内部が改装され、レストランとして再生されました。
2007年(平成19年)には、水際と一帯となった港神戸らしい、その外観を保存することが望まれると共に、神戸市内に残る数少ない煉瓦造りの歴史的文化遺産として“神戸市指定景観形成重要建築物”に指定されました。
街の発展で変わりゆく景色の中、煉瓦倉庫だけは変わらず当時の神戸港の姿で迎えてくれます。

PRODUCE

上田覚(BRIEFING DESIGN Inc.)

家具・雑貨を取扱うセレクトショップ、felice(姫路)・FELICE LIFESTYLE STORE HARBOR (神戸)オーナー。2012年12月に歴史的建築物である神戸ハーバーランド「神戸煉瓦倉庫」で神戸店の営業開始に伴い、ハーバーランドおよび湾岸エリアの活性化を図るため「神戸煉瓦倉庫まちづくり実行委員会」を発足。神戸ハーバーランド内における煉瓦倉庫の役割を「神戸煉瓦倉庫HARBOR STORES」で表現する為、「神戸煉瓦倉庫再生プロジェクト」を始動。